7種混合テーブル

c0208169_2315286.jpg
















国分寺に新居を構えたお客様に納める栂のテーブル。
床がカラマツの無垢材のフローリングと伺ったので、檜、つが、ヒバ、銀杏など針葉樹のテーブルを提案したところ、栂に決定!

栂は昔は鉛筆に使われるなどなじみ深い材だったのですが今では稀少になってきました。今回は数年前に廃業された建具屋さんから分けてもらった材を使いました。栂は時間がたつにつれ赤みが増しつやが出てきます。

お客様には小学生のお子さんが2人いらっしゃるので明るい天板に7種11個のいろいろな色の契りを埋め込んで軽やかなメロデイを醸しています。お子さんが成人される頃には艶と赤みが深まって力強い印象のテーブルに育ってくれることと思います。

ちぎりには、かえで、さくら、紫檀、クリ、ケヤキ、いちい、うるしの7種を使っています。
[PR]
by daifunka_blog | 2009-09-21 23:49 | 新作、オーダー家具
<< 創作 木工展  SORA vol.8 リビング&デザイン 大阪! >>