日々製作

製作に没頭して、ふと我に返る。

やたらとカッコウが鳴いてるのだった。
北海道ではカッコウが鳴き始めると霜の心配がなくなり、農作業が本格的に始まると聞いたことがある。
ここ高山ではすでに畑仕事は始まっていて、工房の前に広がる田んぼもすでに田植えは済んだ。

ををを、どんどん季節が進むなぁ!

カッコウの声にしばし耳を澄ませて一服。

仕事に戻るとさっきまで加工していた木組みがきつくなっている。

なるほどなるほど!しきりにカッコウが鳴いてるのは雨が近いからだな。大気の湿度が上がってきて、湿気を吸い込んで木が膨らんだらしい。今日はここまでにして、天気が良くなるのを待とうかな?

精度が必要な加工では、このまま進めると空気が乾燥した時に材が収縮してゆるくなってしまうことがある。木工も畑仕事とおんなじ。おてんとうさまを伺いながらなのだ。


c0208169_1075329.jpg

[PR]
by daifunka_blog | 2014-05-21 10:08 | 飛騨暮らし
<< 山菜取り HPリニューアル&ブログ再開♪ >>