柏→飛騨 出会いの連鎖

第二回柏の葉「住まいるパーク」の展示、終了しました。

足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました!
出会いってホントに面白いですね。
c0208169_0231186.jpg

今回は一枚板のご注文をいただいていたお客さまに、飛騨から運んできた板を見てもらいました。
とっても気に入ってもらって、会場では盛り上がってのですが、寸法を確認してみると大きすぎ!


飛騨に戻って、改めて探してみました。
お付き合いのある製材所にはすでにあたっているので、手当たりしだい目に付いた製材所に飛び込み。

高山のほとんどの製材所は、賃挽きといってお客さんの持ち込んでくる丸太を板にするだけ。したがって板の在庫を持っていないんです。いくつも断られた後で、ある製材所で「うちはないけどなぁ、ちょっと待てよ........。あんたんとこで、こげないたあらすか?」と、たまたま製材所にきていたおじさんに声を掛けてくれたんです。

「.........あんた、住まいはどこ?」

いかつい顔に似合わない優しい声でした。
この問いって、田舎の排他的な感覚ととらえる人もいるかもしれないのですが、僕の感覚からすると「身うち、親戚かも知らん?」という共通項を探すうれしい気持ちから出た言葉だと思うんです。
だから僕が移住者だと告げても、つれないことは言わない。

事情を話すと、しばらく考えてから「そしゃ、ちっといってみっか?付いてこられい」

このおじさん、実は名のある宮大工の棟梁。
着いた先にはさまざまな樹種の在庫。
これがいい材だけを趣味で集めた宝の山!!
好きな板を分けてくれるとのこと!
ぱっと出会って、こんな親切に触れると堪えきれなくて、涙が出てきます。
だって、この材は丸太で10年、製材して板になってから20年乾燥させているんです。
30年の歴史、お金では買えません。
c0208169_0243396.jpg


こんな優しさに出会うことができたのも柏の葉での、お客様との出会いがあったから。
人と人がつながる喜び、それをつなげていける仕事をしていきたい!

忘れずにいたいです。
[PR]
by daifunka_blog | 2010-06-12 00:26 | 飛騨暮らし
<< 自然と不自然 柏の葉 「住まいるパーク」展示第2回 >>