助っ人登場

今月中に、青梅、水戸、京都、大阪に納品&展示会の予定。

その直前にインターンシップの学生を受け入れることになっていた。
出張直前でバタバタするから、受け入れは難しいかな?なんて危惧していたのだが、なんのその!


バリバリ実戦力になったくれて、なんとか明日、半日の余裕時間を確保できそう。


家具つくりを学ぶ学生に、テクニックだけを教えるのではなく(そんなものは自分の試行錯誤で身につければいい)、暮らしを支える道具を生み出す人として、暮らし、生活、生きることの豊かさを広げてあげたいなぁと思っていたのだ。



畑仕事や山菜、木の実採り、キノコ採り、川で魚とり。森を歩くこと。狩猟、解体。お金を稼ぐ為の職業の他に、生活を成り立たせる活動がいくつもあるのが田舎の「暮らし」。

その一端でも体験させてあげたい。さあ、頑張ろう♪
[PR]
by daifunka_blog | 2014-07-24 00:50 | 飛騨暮らし
<< 灼熱納品ツアー    ミズナラ... 少年時代 >>